クレジットカードでキャッシングを使ってみたい!

キャッシングを利用したい!

クレジットカードでキャッシングを利用したい人は、まずは、クレジットカード会社にキャッシング利用の申し込みをしましょう。

クレジットカードを所有しているからと言って、全員が100%キャッシング利用をできるわけではありません

 

クレジットカードのキャッシングとは言え、審査があります。
ノンバンクで総量規制の対象のキャッシングになりますので、50万円以上のキャッシング枠を希望する人は、年収証明書の提出が必須です。

 

ただし、50万円以内であれば、基本的には、年収の自己申告で済みます。
大きなキャッシング枠を望まなければキャッシングの新規申し込みだけで、すぐに利用できるようになります。

 

ただし、既に他にもキャッシングをしていて、年収の3分の1以上を借りている場合は、審査も厳しいです。
クレジットカードのキャッシングを利用したいと思う人は、他の会社のキャッシング枠がどれくらいで、総量規制をオーバーしていないか、チェックすることが大事です。

 

年収の3分の1以上の場合は、クレジットカードのキャッシングに申し込みをしても審査が通りません。
総量規制をオーバーしていなければ、大体の場合はキャッシング機能が使えるようになります。

 

高額なキャッシング枠を望んだ場合は、年収証明書の提出を求められますので、予め用意をしておいた方がおススメです。
50万円以内であれば、基本的には年収証明書を提出する必要はありません。

 

ただし、クレジットカード会社によっては、年収証明書を提出するように求める場合もあります。

 

支払い遅延で止まったキャッシングを再利用できるか?

クレジットカードのキャッシングで、一番気を付けたいのは、やはり支払いで遅延してしまった場合です。

クレジットカードのキャッシングの支払いが遅延してしまうと、支払いが済むまでキャッシングは出来なくなってしまいます

 

1回程度であれば、支払いを済ませれば、数日ですぐにキャッシングの利用再開が出来ようになりますが、すでに何回か遅延している場合は、数カ月のキャッシング利用が停止されます。

 

また、あまりにも支払いの遅延が多い場合は、キャッシング機能の停止だけではなく、クレジットカード自体の強制解約にも発展します。
そのため、クレジットカードの支払いは、ちゃんと行うようにしましょう。

 

支払いの遅延が多いと、信用情報にキズが付き、キャッシングもクレジットカードも利用できなくなってしまいます。

 

一度クレジットカードやキャッシングで長期の遅延を起こしてしまったりすると、金融事故として扱われてしまい、『異動情報』として、以後はクレジットカードもキャッシングも新規契約が厳しくなってきます。

 

こうした状態は信用情報から遅延の情報が完全に消えるまで、約5年程度続きます。
こうなってしまうと、不便になってしまいますので、やはりクレジットカードの支払いの遅延は、出来るだけ起こさないようにしましょう。

 

短期の遅延であっても、何度も繰り返す場合は、異動情報に乗る可能性があります。
キャッシングだけではなく、クレジットカードそのものが使えなくなってしまうのは、非常に不便です。