クレジットカードのキャッシング返済を考える

今月の支払いが出来なさそうな時は?

クレジットカードのキャッシングの支払いは、毎月ちゃんと遅れないで済ませるのが基本です。

しかし、人生長く生きていれば、一回くらいは、危ないと思う時が出てきます。

 

クレジットカードのキャッシングの支払いが遅れてしまうと、クレジットカードだけではなく、キャッシングの利用もできなくなってしまいますので、Wのショックがあります。
特に回数が多くなってくると、クレジットカードの停止になってしまいますので、出来るだけ早く支払うのが大事です。

 

それでも、クレジットカードのキャッシングの支払いがどうしても厳しい場合は、前もってクレジットカード会社に電話を入れましょう。
具体的な返済日とその根拠を伝えると、返済日を待ってもらえることがあります。

 

電話を入れない場合、クレジットカード会社から催促の電話がくるようになり、精神的にも辛くなってきます。
クレジットカードのキャッシングの支払いが遅れる時には、『遅れてから電話』するのではなく、『遅れる前に電話』するのが大事です。

 

もしも遅れてしまった場合は、1日でも早くクレジットカード会社に電話しましょう。
クレジットカードのキャッシングの支払いは、キャッシングの停止に影響しますので、シッカリ遅延をしないように気を付けましょう。

 

また、3カ月以上の遅延になってしまうと【異動情報】扱いとして、いわゆるブラックリストの扱いになってしまうので、注意をしないといけません。
まずは事前の連絡を心がけましょう。

1回支払いを忘れたらブラックリストに載る?

クレジットカードのキャッシングの支払いをたった一回だけ遅れても、すぐにブラックリストに載るわけではありません。

 

そもそも、ブラックリストいうのは、信用情報で『異動扱い』になることを指し、【ブラックリスト】というリストが存在するわけではありません。

 

 

異動扱いというのは、約定日から61日以上延滞した場合に適用されます。
約3カ月くらいの間、支払いがない状況です。

 

短期で1週間くらいクレジットカードの支払いが遅れることは、滞納とは言わず、遅延と表現されます。
ただし、短期の遅延であっても、何度も何度も繰り返していれば、いつかは異動と登録されてしまう可能性があります。

 

やはり約定返済日にしっかりと返済をしないと、信用情報にキズがついてしまいます。
キャッシングやクレジットカードを利用し続けたい人は、出来るだけ信用情報を傷つけないことが大事です。

 

たった1回のクレジットカードの支払いで、大きな傷がつくわけではありませんが、やはり出来るだけ遅れないように支払いをすることが大事ですね。
特にクレジットカード会社によっては、遅延に対して、非常に厳しい会社もあります。

 

短期の遅延であっても、数回続いたら強制解約というケースもありますので、短期であっても支払いを怠けていると、罰を受ける可能性があります。
特に支払い状況が良くない人は、クレジットカードの更新をしてもらえないケースが目立ちます。

 

クレジットカードの更新をしてほしい人は、ちゃんと支払いを行いましょう。