クレジットカードの口座引き落としには要注意

残高不足で支払いが出来なかった場合は?

クレジットカードのキャッシングを使用した場合、残高不足で支払いが出来なくなってしまうと、キャッシング機能を止められてしまう可能性が高いです。

 

クレジットカード会社によって判断は違ってきますが、完全なキャッシングの停止ではなく、一定期間のキャッシング機能の停止の可能性があります。

 

 

厳しい場合は、数か月もクレジットカードのキャッシング機能が止められてしまいますが、支払いをすればすぐにまたキャッシング機能を使えるようになる場合もあります。
何度も遅延していると、クレジットカードのキャッシング機能が止められてしまいますので、キャッシングを使いたいのであれば、早めに支払いを行うようにしましょう。
何度も口座引き落としをかけてくれるクレジットカード会社だったら良いですが、クレジットカード会社によっては、再引き落としがないケースもあります。

 

そうなった場合、自分から1日でも早く連絡して、支払いを済ませるようにしましょう。
相手から連絡が来ると待っている間に、滞納期間が延びてしまい、印象が悪くなってしまいます。

 

更には遅延金も取られてしまいますので、やはり早めにクレジットカード会社に連絡をして、指示に従いましょう。
口座の引き落としをまたやってくれると、そのまま放置してしまうと、長期の悪質な滞納者として、クレジットカード自体の強制解約を迫られる可能性があります。

 

そうなる前に、やはり自分からちゃんと連絡をしましょう。

当日振込みでは間に合わない!?

クレジットカードの口座引き落としは、当日の振り込みの場合、間に合うかどうか、心配になってしまう人は多いと思います。

私もこれまで、うっかり前日までの入金を忘れていて、当日にいれたことが何度かあります。

 

勿論、クレジットカード会社が、何時に口座の引き落としをかけているのかは、公表していません。
しかし、私の経験上、大手のクレジットカード会社の場合、当日の午後15時までの入金であれば、ほぼ引き落としを無事に済ませることが出来ました。

 

楽天銀行の場合は、1日に何度も引き落としをかけていたり、20時までの入金ならば引き落としが出来るので、少し他の銀行とタイプが違います。
しかし、多くの場合、当日入金した場合は、日付変更の時に引き落としがかかっていることが多いです。

 

そのため、当日でも早い時間であれば、ちゃんと再引き落としが出来る可能性がありますので、出来るだけ早い時間帯に入金をしておくことをおススメします。
もしもそれでだめだった場合は、翌日の朝一にクレジットカード会社に連絡を入れましょう。

 

大手クレジットカード会社のJ社は、翌日の午前中振込みであれば、遅延扱いにしないケースもあります。
出来るだけ早く連絡をして振り込むことが大事になってきます。

 

当日振り込みは早い段階であれば、間に合う可能性がありますので、諦めないで入金しておくようにしてみましょう。
ただし、何度も入金の遅れが目立ってくると、クレジットカードの解約になりますので、気を付けましょう。